浮気調査が必要枠であるか考える

浮気の尻尾をなかなか出さない「浮気の頻度」が高くない度合の人物は昨今において多く確認されています。探偵業界にも景気の影響は存在し「浮気の頻度と財布の中身」が大きく関わていることが事実としてあるのです。浮気調査を実施して浮気の証拠を得るにしてみても、「浮気の頻度が低ければ浮気調査が長期化」するリスクが依頼者に生じるものなのです。責任感が強く誠実な探偵はこう考えます「ご依頼者の負担を軽くして浮気の証拠を取得しなければ」と。この部分においては「基本的な時間料金と成功報酬」を平行して用いる提案が必要と個人的には考えています。毎日、毎日、時間料金で浮気調査が実施されたならば「浮気の頻度が低い度合の浮気調査」は一回の浮気の証拠を取得するために2週間ほど期間を要することも珍しくないのです。一日、10万円前後の調査費用が必要となることが相場である浮気調査ですから、14日間で必要となる金額は140万円と必要経費プラス消費税となります。たった一度の浮気の証拠を取得するために140万円の調査費用は高額に思えます。このような金額が浮気調査を開始する前にご依頼者の想定内であることは稀と言えるでしょう。当然、調査を終えて依頼人が感じる心情の一つには必ず「浮気調査がこんなに高額ならば他の方法を模索するべきだった」との思いでしょう。確かに結果的には現実に高額費用が必要になってしまい、浮気の証拠を手にする形となってしまいましたが、ご自身が抱える現実問題を浮気の証拠で動かすには必要な出費と判断する方もいらっしゃるのです。全てはご依頼者自身の置かれた環境と将来を天秤にかけて「浮気調査が必要枠であるか?判断」されることが重要と言えるのです。ご依頼者にこの考え方が無いケースで「浮気の度合が低い調査案件を調査」してしまうと多くの場合「ご依頼者が納得する浮気調査」となることは無いのです。

浮気調査中のトラブル

浮気調査がどうしても必要な状況にあるご依頼者は「離婚が前提」であったり、「高額な財産分与」が関わっていたりと浮気調査を必要とする「相応の理由」が存在するものです。そのようなケースとは異なる「ごく普通の一般家庭が浮気調査を実施」するケースの多くは「抑えられない感情」が大なり小なり調査を実施する決意に反映され原動力となっていると言えるのです。感情的な判断は調査中のいたるところで「判断ミス」を招き無意味な調査などに繋がります。判断ミスが起こる原因は先ほども書き記した「依頼人の感情」が原因となることが殆どなのですが、怒りや嫌悪の感情が多くを支配してしている状況では「探偵の助言は依頼人に届かない」と言えることなのです。このように依頼人がヒートアップした状態は非常にトラブルを招きやすいと言えます。家庭内で調査対象と度々口論になり、探偵に調査をお願いしていることを調査対象に口走ってしまったり等は起こりやすいトラブルと言えるのです。

結果を出せる探偵にタラレバは無い

調査現場で起こる想定外のトラブルは様々です。そのようなトラブルにオーバーにリアクションしても調査が良い方向に進むことはありません。冷静沈着に状況を見極めて「過去の経験値をフル活用し状況判断」することが最優先でしょう。現場での経験値は「困ったときに役立つ盾」となります。その盾を持ち合わせない探偵は「現場で凍り付いて終了」が常となってしまいます。調査対象に警戒されてしまい「尾行が継続できません」と口にすることが関の山なのです。瞬時の判断で再び調査対象を確認できる方法の青写真が頭に思い浮かぶ人物は「探偵としての経験値が高く冷静でいられるタフなメンタルを持つ」難易度の高い調査が可能な探偵と言えるでしょう。調査対象をロストして動揺してしまい、後に冷静になって「タラレバで後悔」している探偵は少し頼りない存在なのです。

浮気調査を実施してみて理解できること

浮気調査を実施してみて理解できることも数多く存在します。浮気の頻度などはそのような要素がもっとも大きいと言えるのです。実際に浮気調査を実施して数日間が経過するが「本屋で立ち読み」や「パチンコ等に足を運び」浮気相手と会う気配が無い浮気調査の案件などは「浮気相手と会う頻度が高くない」ことが調査を実施してみて初めて理解できることもあるのです。調査対象が単身で行動していても「帰宅時間はある程度遅くなる」傾向にあり、このような日が多い調査対象は「必然的に調査日数が多く必要」となることが考えられます。しかし、如何に多趣味であり、単独行動が多い調査対象者であっても「食事を一人で済ますか?」を確認することは有意義と探偵目線からは判断しております。自宅に帰ってから食事をする日は論外として「浮気相手と行動を共にする」ことは「飲食を一緒にとる」可能性が必然的に高くなるものなのです。調査対象が単独行動で単身食事を済ます事実が確認された後に浮気相手と合流する可能性は低くなると判断できるのです。