浮気調査は難易度によって調査期間や調査費用が異なる

浮気調査が困難で証拠取得の難易度が高い調査案件は「相応の調査費用と日数が必要」と判断できます。もし、相談を担当する探偵が安易に受件してしまい、結果を出すことが困難と調査着手後に気が付いても後の祭りであり、依頼人とのトラブルは回避できないことでしょう。最近の探偵業界の相談や営業を実施する人物には「現場での調査経験が乏しい人物」が少なくない。現実問題として「経験不足な探偵が相談を実施しても無意味」と言えるのです。そして、簡単な調査案件と同様の「概算見積もりを相談者に提示」してしまい後のトラブルに発展してしまうのです。このような問題は改善されないと言えます。なぜなら、探偵業界の人材教育には問題があり、「お抱え調査員を雇うことを敬遠」し「下請け探偵に調査案件を丸投げ」してしまう流れが主流となってしまっているのです。限られたお抱え調査員達で完遂できる案件の数には限界が存在します。自ずと多くの調査案件は下請け探偵が実施することとなりますので自社で調査経験が少ない相談員が増加することが当然の流れとなってしまうのです。このような悪循環から探偵業界規模で判断しても「依頼人とのトラブルか解消されない流れ」が継続してしまうのです。人材を自社で充分に教育し、必要な調査経験を経て「必要な判断力を兼ね備えた相談員の育成」が必要となっているのです。

あなたのケースではどの程度の浮気の証拠が必要か?

ご依頼者が満足のいく浮気調査を実施できる探偵や興信所は限られていると断言できます。そもそも、ご依頼者が「どの程度の浮気の証拠を必要」としているか探偵が認識していなければ調査を実施しても十分な調査にならない可能性もあります。仮に一回きりの浮気の証拠を取得しても「慰謝料請求や浮気の制止」に機能する証拠としては弱いと言えます。想定が甘い浮気調査を実施してしまうと「浮気した当事者に言い逃れ」をされる危険性が高まるのです。文頭で記した満足のいく浮気調査を実施できる条件は「あなたのケースにあった浮気の証拠がどの程度」であるか想定できる探偵でなければ「満足のいく浮気調査を実施することは不可能」ということなのです。浮気が根深く、当事者が本気であるケース等では「浮気の証拠が弱い」ことによって離婚までの道のりが泥沼で長びくことが度々あります。請求できる権利も「証拠が弱いことから十分な請求とならない」ケースもあるのです。近年、後悔するご依頼者の多くは「調査を十分に実施しない」(調査費用を削減しようと考えた)ために充分な浮気の証拠を取得しないまま、離婚裁判をしてしまうケースと言えるのです。

浮気調査プラスαで迎える人生の節目

浮気が表面化することにより結婚生活にピリオドを打つ人物は少なくありません。このような人物の場合「浮気以外にも結婚生活を継続困難と判断する理由」があるものです。浮気は離婚に必要な出来事と言え、問題の本質は他にあるご夫婦は珍しくないと言えます。特にお子さんの親権が欲しいと考えている離婚に関しては、「相手が親として行き届いていない現実問題が必要」となるものです。単なる浮気調査プラス素行調査の要素が必要なケースが増加しているのです。お子さんとの生活に相応しくない生活状況を素行調査で事実として記録する必要性や「素行不良と判断」できる事実が親権を欲しているケースでは重要なポイントとなってくるのです。仕事以外の外出時間が多く、養育の義務を怠っている事実や、日常生活でも親として果たさなければならない義務が欠如している事実を記録し証拠として残すことが「離婚裁判で主張を通す為に必要」と判断できるのです。

離婚理由や欠格事由を立証するために実施する浮気調査や不倫調査

「離婚裁判に必要な離婚理由」は離婚する原因となった事実確認が必要になり立証責任がついてまわります。相手が素直に離婚理由や欠格事由を認めているならば問題ないのですが、多くの場合は「認めないので裁判」という流れになるのです。探偵による浮気調査や不倫調査が必要になる理由も「立証責任が生じる」からに他なりません。離婚理由や欠落事由が「配偶者の不貞が原因」であるならば「配偶者の不貞の証拠」が必要となるのです。もし、証拠がなく疑い主張したとしても認められる可能性は極めて低いと言えるのです。あなたの主張が真実であり、相手が原因で離婚することになったとしても「十分な要求が通るとは限らない」という可能性があるのです。相手の人間性にも関わるお話しですが「知らぬ存ぜぬで事実を認めない人物も存在する」ので「自身の主張が正しくとも必要な準備」は怠らないことが必要と考えられているのです。そのために必要な探偵の調査となるのです。