浮気相手に入れ込んでしまう

浮気を密かな日常の楽しみや快楽として「退屈な人生に変化を求める」人物は多数存在します。当然、浮気はリスクを伴う行為ですから、パートナーに気が付かれない為に必要な「嘘と裏切り」が存在します。お子さんがいらっしゃるご家庭ならば「お子さんに対しても嘘」が必要となるのです。浮気を平然と行ってしまう人物の人間性に関わる問題なのでしょうが「自身が浮気をしてしまうことは仕方がない」と自身のなかで完結しているのです。この事実に関わる言動を周囲の知人が耳にすると「身勝手な言いぐさ」に聞こえてしまうものなのです。浮気が悪いことと理解した上での周囲への言葉ですので「自身が悪い人間」との位置付けは出来ているのです。開き直りともとれる言葉が意味するものは、「浮気を止めてまで良い人でなくてけっこう」という感情が存在しているのです。浮気相手に入れ込んだ感情にある人物に対して「何を助言しても無駄」ということはこのような発言からも理解出来ることでしょう。

浮気相手に冷める瞬間

百年の恋も冷めるということば通り「現実に直面し我に返る」場面が浮気相手との新たな生活と言えます。恋愛の熱に犯され続けて「気が付いた時には離婚し家庭を捨てて新たな生活」を初めていた人物が些細な生活費の支払いや現在の生活に不満を感じはじめて「恋愛の熱が冷めはじめる」状況となる。家庭や子供、これまで築きあげた社会生活の全てを捨てて身を投じた浮気相手であったはずが「何かが違う」と感じ始める。一見、恋愛の熱が冷めたと見えるこのような状況は、単に誰が相手であっても「日常的で退屈な時間が多く」感じてしまえば繰り返されるとも考えられるのです。離婚したパートナーとの過去の結婚生活も退屈な日常が原因で浮気し離婚したと言えますし、このような繰り返しの原因は「非日常を求めて行動」する人物には度々訪れ繰り返され、新たな浮気が始まるサインと言えるのです。

浮気相手からは得られない幸せ

浮気相手が現在のパートナーよりも高収入であり、将来の生活が裕福な暮らしが約束されていたとしても「お金には代えられないもの」は存在します。現在のパートナーとの間にお子さんが存在しているならば尚更と言えるでしょう。この先、将来的に離婚して浮気相手と新たな生活を想定しているならば「お子さんとの生活は望めない可能性が高く」新たに浮気相手の男性との間にお子さんを設けることが可能ならば少しは話が違いますが、必ず「満たされない後悔」が後の人生についてまわることとなってしまうのです。家族の絆というお話しになってしまいますが、お子さんを捨てて浮気相手を選択する人生を後悔しないのか?自問自答を繰り返し、考えた末の判断で大きく人生が変化すると言えるのです。この選択に関して「正解は存在しません」選択した後に現実が訪れ、受け入れることしかできません。特に女性ならばこのお話しの意味が理解できることでしょう。

浮気相手との人生を選択

浮気相手との人生を選択した人物が「間違いではなかった」と後に思えるならば幸せな選択ができたと言えます。過去を共に生きた異性と比較して出た答えなので比較の対象がかなり限定的であることは否めないでしょう。先日、何気なく拝見していたテレビ番組の中で話されていた話題に「幸せな結婚相手を見つける方法」を話されていた学者さんがいらっしゃいました。その方のお話しでは「8股して残った異性が結婚相手として一番最適なお相手」ということでした。このお話しの解釈は「8股のうち最後に残った異性だけはあなたの全てを受け入れてくれる異性」との判断になるそうで、残りの去っていった7人はあなたに不満を持っていた人物ということなのです。8人という異性と同時に交際する事に意味があるそうで現実的では無い反面、手法として理に適っているのかな?と思える自分も存在しているが正直な感想なのです。浮気を何度も経験した人物には少し皮肉なお話しかもしれませんね。

探偵が思う浮気のその後

浮気相手との恋愛の末にはじまる「新たな生活」に困窮がまっていることも十分に可能性としてはあるでしょう。探偵である著者は浮気調査を手掛け、ご依頼者と調査対象者のご家族の「その後」を伺う機会があるので「浮気相手を選択」した結果が「良い結果という認識はかなり低い」と言えます。そもそも、浮気相手との恋愛や結婚は「浮気をしている人物のわがまま」が起因していることが少なくないので、仕方のないお話しなのかもしれません。そして、人間社会に男性と女性の恋愛感情が存在する限り「過去から現在、未来永劫に存在してゆく問題」なのかもしれませんね。