重宝される女性探偵

探偵が従事している調査の多くに女性探偵がけっこう活躍しています。

何しろ女性探偵には調査をする上で大きなメリットが存在するからなのです。

どれほどのメリットがあるのでしょうか?

まず女性が対象者の素行調査です。

妻の不倫、浮気調査が代表的になるかと思いますがこの調査では女性探偵はかなり重宝されています。

何しろ対象者が女性ですと退社後や休日などの余暇にショッピングとして女性専門店などによく出入りします。

例えば浮気相手と会う約束の時間前でもウィンドショッピングなどをして時間つぶしをします。

こういった行動をされた場合、男性の探偵ではなかなか近づけません。

また最近、都心ではショッピングビル全てが女性専門店ばかりというビルも増えてきています。

確かに男性が対象者であった場合も同様なケースがあるでしょうか女性探偵が一緒に入っても別に怪しまれることはそうありません。

例外的な場所としては性風俗店や大人の玩具店くらいでしょう。

ただ殆どがこういった店舗はこぢんまりとしており、出入口付近にいれば対象者を確認することは難しいわけではありません。

ところが女性専門店は衣料品、化粧品、宝飾品、靴、カバン、小物類などから更にネールや美容関係などと多種多様となっています。

そんな専門店街を歩き回られると男性探偵には厳しい環境となってしまいます。

何しろ尾行というのは距離間です。

その場その場のお店の広さやレイアウトによってどれだけ近づくか離すかを尾行する探偵の判断ですが近づけない環境ですと見逃してしまう場合もあります。

こんな時に女性探偵が1人でもいてくれるだけで大いに助かります。

また対象者が男性であった際の浮気調査でも有効です。

対象男性が浮気相手と会い、浮気行為を行った際には尾行対象を浮気相手女性に切り替え、自宅を特定する調査に切り替えます。

その際、この浮気相手女性は深夜に帰宅するケースも多く、夜道を歩く女性を尾行しなければなりません。

タクシーで自宅前に着けてくれれば良いのですが歩かれると後から付いてくる男性に警戒をする女性も多くいます。

これが女性であったり、アベックであればそれほど警戒は致しませんので女性探偵が必要となることも多いのです。

また女性探偵は尾行、張り込み以外に聞き込みでも女性の強みを出せます。

聞き込みとは対象者の自宅や関係箇所の近隣住人に話を聞き回るということなのですが男性が訪ねていくのと女性が訪ねていくのではまず扉を開けて応対してくれる確率が断然に違うという現実です。

聞き込みは不特定多数の人から話を聞き回りますが男性探偵が訪ねていってもインターフォン越しでシャットアウトされるのが常です。

しかし、そんな人が多い中、女性ですと安心して応対してくれる人の確率が男性探偵よりも多いのは事実です。

正直、男女の差がこれほどあるのかと思い知らされてしまいます。

話が聞けると言うことはそれだけ情報を集めてこれるということなのです。

更に調査経験が豊富になってくれば相談者としても活躍できるようになってきます。

特に女性の相談者にしてみると最初は同性の相談員の方が離しやすいと言うケースも多いのです。

まして浮気関係の調査ですとふうふの無頼バーしに関する話にもなってきます。

こういった場合、やはり女性は女性同士のほうがはやしやすく馴染め、結果、依頼にも繋がるのです。

女性探偵の存在は探偵事務所にとって重要な戦力であるのは間違いないのです。

ただメリットばかりと思われますが多少のデメリットも存在します。

まず第一は張り込み中などにおけるトイレ問題です。

こればかりは男性探偵同様、その辺で済ませろ、とは言えません。

近くにコンビニでもある場所なら良いのですが住宅街などトイレを借りられる場所がないところでの張り込みも考えておかなければなりません。

また深夜の風俗街、ホテル街等での張り込みです。

特に深夜のホテル街の張り込みは探偵では多くあるシチュエーションです。

そんなところに女性が1人でずっと立っているとなると酔っぱらいや不審者に絡まれたりするケースも多く、張り込みに集中することができません。

何かトラブルがあったら正直、探偵事務所の責任問題です。

トラブルになめ確率は男性探偵よりも多いのは事実でしょう。

こういった場所での張り込みについては男性探偵を急遽、現場に合流させるなどの手配も必要となってくるのです。

多少のデメリットもお話し致しましたが女性探偵のメリットはそれ以上にあまりあるものがあります。

もし女性の方で探偵に興味をお持ちの方はチャレンジしてみてはいかがですか?

多分、少しの経験でもかなり優遇されると思いますよ。