探偵の評判・風評被害について考える

探偵はわりとドラマや小説でも取り扱われる職業で、主人公だったり好意的に見られるケースが多いような気がします。

一方、現実の探偵はどうかというと、話題になる機会は残念ながら事件に探偵が関わってしまった時がほとんどです。

探偵は物語で描かれるようなヒーローや難事件を解決するような存在ではなく、多くのみなさんと同じように営利活動を行っている存在に過ぎません。

また、受けた依頼については守秘義務があるのでどんな仕事をしたかも明らかにはならず、例えば世の中で貢献するような形で報道されることは基本的にないでしょう。

ところで、ニュースで報道されるような探偵の悪事、一体どんなことをしたのか気になるところですが、必ずしも現実の探偵が事件を起こしたわけではなく、一種の風評被害と言えるものも混じっているのをご存知でしょうか?

風評被害の例

以下は代表的な風評被害の例です。

①依頼者からストーカー行為の代行に該当する依頼を受け、ストーカー行為規制法違反の共犯で探偵業者が逮捕された

文面だけを見ると「探偵にも悪い奴がいるなあ」という感想を持ちませんか?

しかし、この逮捕された業者はインターネットに復縁工作のホームページを出しており、いわゆる復縁屋・別れさせ屋という業者なのです。

探偵業の届出こそしていますが、通常の探偵業者とは違います。一緒ではありません。

ニュースなどのメディアではこういうことの説明はしてくれないんですよね。

ちょっとした事件を伝えるニュースは実はこういう細部がいい加減なことが多いんでしょうか。

②元探偵会社従業員の男が、別れさせ工作の元対象者であった交際相手を殺害した

「この元探偵ろくでもないな」と思ったりしませんか?

実際は、別れさせ屋の工作員であった男が、工作を仕掛けた対象者女性と交際関係になり、後に工作であったことを知った女性に別れ話をされて逆上した。

ということなのですが、ここでもしっかり「元探偵会社従業員」と報道されてるんですよね。

ニュース報道の場では、探偵と別れさせ屋が同じ業種であるというスタンスは頑固と言っていいくらいに変わらないままです。

別れさせ屋・復縁屋という業種があるんですから、その通り報道すればいいじゃないですか。

③投資詐欺被害に遭い、被害金回収の営業をかけてきた探偵業者に騙されて詐欺の二次被害に遭った

「探偵ってひどいことするなあ」と思いましたか?

しかし実際のところ、ただの悪い探偵なら詐欺被害者に正確に連絡を取って二次被害に遭わせることなどできません。

つまり、これはもともと投資詐欺で騙した側が被害者リストを元にもう一度詐欺を仕掛けているという話なんですよね。

騙した連中は詐欺の材料として探偵業者を騙っているだけの話でしょう。

なのにこういった報道では明確に「探偵業者が」とか「探偵業者に」と書いているケースが多いように思いますね。

そもそもこのケースの案件について、詐欺業者が探偵業届出を管轄の警察に出しているかどうか、一つ一つちゃんと確認したんでしょうか。

「探偵が」というならスタートラインはそこからじゃないんでしょうかね。

警視庁HPによれば、少なくとも都内の探偵業者が二次被害詐欺で処分された例はないようですけどね。

安心・正規の探偵 探偵事務所レディース東京